ゆるベジやってみての体調(アトピー・便秘・アレルギーetc)

明けましておめでとうございます^^

お正月はお雑煮~♡お餅、大好き(*^-^*)日本人に生まれてよかった♪

 

私、ただいま、肉を少なめの食生活をしています。

私、肉とか牛乳とかうまく消化しにくいということに、5年くらい前に気付きました。

(乳は本当は、赤ちゃんが飲むものなので、赤ちゃん以外の人が摂ったら消化しにくいです。まして牛乳って、牛の赤ちゃん用の食べ物なので、私たちが摂るのは不自然というか、たぶん本来は向いていない食べ物です。)

 

アトピー、鼻炎、便秘は子供の頃からずっとだったので、そういう体質なんだと半分諦めていたんだけど、肉と牛乳を控えめにしたら、めっちゃ体調良くなった!!!(;´∀`)

30手前まで、そういう体質でやってきてたから、自分的には、びっくりするくらい嬉しい感覚でした!

重たい鎧を脱いだよう・・・(*´ω`)

 

最初は、油分不足っぽくなって、肌がカサカサしたけど、魚とか他の食べ物で補填したり、食べたいときはお肉食べたりすることで、カサカサもなくなりました。

 

その頃から、牛乳を買うのをやめて、がっつりお肉を食べていたのを和食中心にしました。あと、パン&パスタ党からごはん党になりました。最初は、肉や牛乳欲しい感じがしてたけど、どんどん体が楽になっていったので、逆に大量に使っているものを食べたくなることはあまりなくなりました。

肉か乳製品をたくさん食べた次の日は、便秘になるし、腸の状態が全然違う。腸の状態に比例して、アレルギーも軽いし。

 

毎日、お通じがある(しかもスムーズ)っていうのも、子供の頃からずっとない感覚だったので、自分にとっては、感動的なことでした。

 

ヴィーガンやベジタリアンのように、一切肉を食べない、というタイプではないですが、ゆるベジ的な感じの食生活をしてました。でも食べたいときは食べるので、本当にゆるいやつです。

 

結婚してからは、夫が肉が好きなので、一人暮らしの頃より肉を食べることが増えました。

外食の時は、各々好きなものを注文できるけど、自分で料理するときは、別メニュー作るのがめんどくさいから、徐々に肉よりのメニューになったんですよね。(私が勝手にそうしたんですが。肉料理の方が楽でおいしくできるものが私的に多かったので。)

 

私の好きな味付けで食べたい料理にしていたから、ストレスは感じていないと思っていたけど、肉はたまにでいいんだよな~という感覚もやっぱりあって。

そういう感覚無視したからか、去年の秋ぐらいから、胃もたれや吐き気がすることが多くなって、やっぱ本当に食べたいと思うものを食べよう!と思って、料理も夫と別メニュー作ることにしました。(めんどくさがりなので、手間がかかりそうなことに腰重いんですよね(*´з`))

 

最初は、別メニュー大変かなと思ったけど、やってみたら意外とそんなこともなくて、魚&野菜の料理に、夫だけお肉焼いたのプラスして出したりとか、副菜でそのまま食べれる美味しいものも今までより充実させたりとか、ほとんど手間も変わらずにできました。

ありがたいことに、夫は好き嫌いはほとんどなくて、肉が特に喜んでる感じするけど、野菜も魚も何でも食べる人なので、作る側としては本当助かります。

(↑ケーキも大好きなんだけど、大量に食べると次の日、腸が重くなる。。。肉はたくさん食べないんだけど、ケーキは食べちゃうんだよな)

 

再び、ゆるベジ生活にしてからは、胃もたれや吐き気はなくなりました。

肉や牛乳に入っているエネルギー(飼育環境や殺される前に動物が感じた苦しみや恐怖などの感情)も重たく感じるのだと思います。

 

なんでもありがたくいただきたい、とか、食に制限をかけずに純粋な気持ちで食べたい、とか、そんな風にも思うので、自分にヒーリングもしてみたけど、食生活のクオリティをあげるといい(本当に食べたいものを食べるといい)って感覚がきたので、その日の気分で、本当に食べたいなってものを選ぼうと思います。

Follow me!

関連記事

PAGE TOP