生理痛(PMS)とスピリチュアル

健康であれば、本来は、生理痛はおきません。

体の不調は、自分の潜在意識(無意識で思い込んでいる事)がつくっています。自分の体や体調は、自分の潜在意識をビジュアル化させたものです。

生理痛(PMS)がひどいという人は、

多くの場合、傷ついた女性性の思考や感情が、子宮に溜まっています。

女性としての自分を愛せない、受け入れられない

男性に対する嫌悪感、憎しみ

こんな感覚がある人は、生理痛になりやすいです。

(具体的な理由は人それぞれなので、正確な理由を知るには、個別にリーディングが必要です)

また、子宮は女性性や恋愛と密接に関わっている臓器なので、子宮に悲しみや憎しみが溜まっている人は、恋愛面にも影響します。

過去の恋愛での傷やトラウマはもちろん、自分がみてきた親の価値観やパートナーシップも大きく影響を受けます。

また、男性には負けたくないという気持ちが強かったり、自分の女性性を無視し頑張りすぎたりした結果、婦人科系の不調を起こす人もいます。

不調は、自分の中の本当の感覚を無視した時にでてきます。

そういう時は、きっと本当はやりたくないことをたくさんやっています。

今のやり方、見直してみましょう、というサインです。

また、生理がめんどくさい、生理は汚い、
等のイメージがある人は、自分が女性であることを否定しているのと同じなので、生理痛が出やすいです。

他にも、男性不信、異性やセックスがこわい、苦手など、子宮には色んな思考や感情がたまりやすいです。

生理は、そんな自分の状態を毎月教えてくれます。

生理の周期、生理痛の重さ、血液の量、におい、など、いつもと違ったり、いつもより状態が酷かったら、体の感覚に正直になって、お休みの時間を増やしたり、女性としての自分がときめくようなアイテムを買ったり使ったりすると、体はとっても喜びます^^

体はとても正直ですから。

Follow me!

関連記事

PAGE TOP